Philip Seaton degree icon

Professor

school icon

Office of International Affairs,

Hokkaido University

mail icon

Feel free to contact me at:

seaton@oia.hokudai.ac.jp

facebook icons



Welcome

Welcome to my website. My name is Philip Seaton. Originally from London, I am a professor in the Office of International Affairs/International Student Center at Hokkaido University, Japan. I have been at Hokkaido University since 2004.

About me »

Photo: Chuo Lawn, Hokkaido University campus.

DSC_0119

Research

I have a broad range of research interests in the modern history and society of Japan, but I categorise them into three main areas (although there is much overlap between them): 1) War Memories, 2) Hokkaido History and Society, and 3) Tourism. A main aim of this site is to introduce my research. It also contains a completely up-to-date publications list.

Research »

Photo: Hokkaido Gokoku Shrine in Asahikawa, Hokkaido.

War_3sl_0

Modern Japanese Studies Program

At Hokkaido University I am a course co-convenor of the Modern Japanese Studies Program. MJSP provides a broad-based education in the social sciences and humanities, alongside rigorous training in the Japanese language, for an intake of 20 international students per year. Do visit the MJSP website to learn more about the program.

Photo: The Modern Japanese Studies Program begins in April 2015!

Hokkido University's Modern Japanese Studies Program

Latest Blog Posts

Remembering Biowarfare Unit 731 Through Musical Activism: A Performance of the Choral Work The Devil’s Gluttony

I have published a short review article on the Asia-Pacific Journal: Japan Focus about a concert I went to on 2 July 2014. It was a remarkable event, in which I learned how accessible music can bring together ordinary people to remember ghastly events in the past, and therefore help prevent them happening again in the …

July 14, 2014

Local History and War Memories in Hokkaido

I have received a book contract from Routledge for an edited volume to be titled Local History and War Memories in Hokkaido. This is a project that has been in the pipeline for many years.  The book should probably come out in 2015.

June 20, 2014

北海道新聞のコラム「魚眼図」:コンテンツツーリズム

My latest newspaper column in the Hokkaido Newspaper was published on 10 June.    安倍政権は、「今後10年で、世界大学ランキングトップ100に10校ランクイン」を目指している。日本の名門大学にとって、国内の評判だけでは足りないという時代に入った。対策として、特に英語による論文の引用数増加が大切で、日本の大学に勤めている研究者が世界の技術や論壇のリーダーにならなければならない。  私は、コンテンツツーリズムを研究するグループのメンバーである。漫画・映画等ポップカルチャー作品のコンテンツ(物語と登場人物とロケ地等)がどのように観光行動を誘導するかという研究である。  英語の文献を読むと、「冬のソナタ」の観光ブーム以外、日本人が映画等によって誘導された事例はほとんど紹介されていない。日本のポップカルチャーが世界中でこんなに注目を集めている中、発信力不足の象徴である。  しかし、観光ブームの実例より、分析の方法と理論、要するに別の国でも使える概念を発信する必要がある。英語の文献では、多くの研究者はメディア別で分析し、フィルムツーリズムと文学ツーリズム等に分けて考える。しかし、「ハリー・ポッター」関連の観光地に行く人を対象にする時は、本を読んだから、映画を見たから、両方が好きだから、と聞かないと分析できなくなる。日本人研究者は、メディアより物語を重視し、コンテンツツーリズムという概念で問題を解こうとする。  国際的なグループを組んで、この重要な日本発の概念を世界に発信しようとしている。ランキング対策として、小さな研究グループでできることは限られているが、全国で研究者が「世界へ」という目的を持たなければ、安倍総理の夢は実現しにくいだろう。 北海道新聞、2014年6月10日   Translation The Abe administration is aiming to have ten Japanese universities in the top 100 universities according to international rankings within ten years. At Japan’s elite universities, we have entered an era in which …

June 16, 2014