Philip Seaton degree icon

Professor

school icon

Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University

mail icon

Feel free to contact me at:

seaton@imc.hokudai.ac.jp

facebook icons Follow me on Academia.edu



研究活動

主に三つのテーマで研究活動を続けています。

1)戦争記憶と歴史認識:日本人の戦争記憶は博士論文と最初の本のテーマでした。靖国問題、慰安婦問題、歴史教科書問題等に関して、論文も出したことがあります。日本人の歴史認識をめぐる国内外の論争が研究の中心となっています。

2)北海道の歴史と社会:北海道における戦争記憶にも興味を持っていますが、夕張市の経済破綻について論文を書いたことがあります。

3)観光:コンテンツツーリズムについて調べています。特に大河ドラマ、マンガ、アニメ等のロケ地での観光行動について興味を持っています。「’contents tourism’を通じた文化の伝播と受容に関する国際比較研究」(科研費、基盤A)という研究プロジェクトのページはこちら(English page here)。

 

研究業績リストはこちら

 

2007年以降、オンライン学会誌 The Asia-Pacific Journal: Japan Focus のアソシエイト(編集アシスタント)です。2009年以降、英国日本研究協会の日本支部のコーディネーターを勤めています。年に2回シンポジウムを開いています。その他に、様々な共同研究プロジェクトにも参加しています。

 

写真:新撰組のファンが飾った絵馬、壬生寺(京都)

DSC_0085